腸内細菌の精密な検査で健康づくり さまざまな病気に関係する腸内細菌。自身の腸内細菌を調べて病気のリスクをチェック。あなた向けのおすすめの食品情報をもとに、一歩進んだ健康づくりに取り組みましょう。
検査キットを購入する
  • 「健腸ナビ」は、医療機関で活用されている腸内細菌叢の検査・分析サービス「SYMGRAM」と同じ精度の検査を、ご自宅でいつでも簡単に受けることができるサービスです。
検査キットを購入する
  • 「健腸ナビ」は、医療機関で活用されている腸内細菌叢の検査・分析サービス「SYMGRAM」と同じ精度の検査を、ご自宅でいつでも簡単に受けることができるサービスです。

SCROLL

NEWS

お知らせ

腸内細菌叢(腸内フローラ)の乱れは、さまざまな病気と関係しています。

多くの病気に腸内細菌叢(腸内フローラ)が関係していることがわかってきました。気になっている健康への不安。病院に行っても原因がよくわからない心身の不調。そのままにしておかず、腸内細菌から病気のリスクを調べてみませんか?

このような病気のリスクも
健腸ナビでわかります!

がんや認知症など、多くの人が悩んでいる病気について、自分のために、家族のために、腸内細菌からのセルフケアを始めてみませんか。
人生100年時代。「健腸ナビ」はみなさまの健康づくりをお手伝いします。

ABOUT

健腸ナビについて

健腸ナビとは?

ご自宅で、いつでも簡単に受けることができる腸内細菌叢(腸内フローラ)の検査・分析サービスです。分析結果レポートでは病気のリスクがわかるだけでなく、あなたの腸内細菌叢を整えるための食品もご案内します。「健腸ナビ」は、ご自身に適した健康管理のための道筋をナビゲーションします。

あなた自身の腸内細菌叢の構成から、大腸がんや過敏性腸症候群、うつ病や認知症、アトピー性皮膚炎、乳がん、前立腺がんなど女性34、男性31の病気についてリスクを分析します。

このような方に
おすすめです。

さまざまな病気のリスクをチェックして、予防に取り組みたい方
原因がわからない心身の不調を感じている方
忙しい中でも自宅で気軽に病気のリスクをチェックしたいとお考えの方
体への負担がない検査で全身の網羅的なリスクを調べてみたい方
食によって病気のリスクを下げたいとお考えの方
自身の腸内フローラを詳しく調べてみたいとお考えの方

この検査からわかること

病気のリスクだけでなく、自身の腸内細菌叢のタイプや、さまざまな物質を産生する菌(酪酸菌、エクオール産生菌など)の割合、腸内細菌のバランスや多様性など、あなたの腸内細菌からわかる情報を詳しくお伝えします。

腸内細菌叢の状態をふまえた、
自身に適したセルフケアを

FEATURE

健腸ナビの特長

01

世界初・特許取得済 病気のリスクを分析し、
詳細なレポートを作成

世界初・特許取得済

02

分析結果をふまえて
あなた向けのおすすめ食品の情報を提示

03

医療機関で活用されている腸内細菌叢の
検査・分析サービスと同じ精度の検査

04

日本人約2万7,000人の腸内細菌叢を調べた
日本最大級のデータベースを使用

05

腸内細菌叢は男女で異なることから、男女別に分析

腸内細菌叢の検査・分析サービス『健腸ナビ』検査キット

大腸がんや認知症、乳がんなど女性34、男性31の病気のリスクを分析し、詳細なレポートを作成します。分析結果はWEB上でご確認いただけます。

販売価格 38,500円(税込)

  • ※本価格は公式サイト直販特別価格です。
  • ※本特別価格は予告なく変更されることがあります。

STEP

ご利用の流れ

STEP

01

ご自宅で採便する

専用のキットで採便し、大便検体を送付。

STEP

02

アンケートに回答する

WEBで情報を登録し、アンケートに回答。

STEP

03

分析結果(レポート)を確認する

レポートの内容をマイページで確認。

STEP

04

結果を健康管理に役立てる

レポートに示される食品(成分)をいつもの食事にプラス。
腸内細菌のバランスを整える一歩進んだ健康づくり。

VOICE

ご利用者様の声

ここまで詳細に分析して頂けるとは正直驚きでした。おすすめ食品は特に参考になりました。価格としては高額だが費用対効果は良いと思えました。

50代・男性

はじめての私でも、簡単に検査できました。いい結果で、安心しています。健康は、やはり食品からだと思います。これからも健康維持のために参考にして行きます。

70代・女性

10年以上便秘に悩んでいたのですが、実際に推奨された食品を継続して摂取したところ、便通の改善も少し見られ、再度検査した結果、便秘のリスクが高リスクから低リスクに下がっていました。

30代・女性
腸内細菌の検査で
一歩進んだ健康づくりに
取り組みませんか?

FAQ

よくあるご質問

Q

検査キットは購入した本人が使用しなければいけませんか?

A

検査キットはどなたでもご利用いただけます。

Q

何歳でもサービスを受けることができますか?

A

何歳でも受けていただくことができますが、本サービスの腸内細菌叢の分析は、20歳以上80歳未満の方が多くを占めるデータベースの情報にもとづいているため、20歳未満や80歳以上の方の分析結果については理論値となります。今後、 20歳未満や80歳以上の方が研究に参加していただけると、より正確な結果を得られることが期待できます。
なお、16歳未満の方については、代諾者様によるご登録が必要となります。詳細はFAQ「ご登録について」の項目をご確認ください。

Q

薬を飲んでいるのですが、検査を受けることができますか?

A

薬を飲んでいても受けていただくことができます。ただし、一時的に薬を飲んでいる場合、腸内細菌叢の分析結果が普段の状態とは異なっている可能性があります(特に抗生物質、下剤、胃腸薬[制酸剤など])。あらかじめご了承のうえ、検査を受けていただくか、または薬を飲んでいない状態で受けていただくことをおすすめします。

COLUMN

役立つ健腸コラム

睡眠に大切な体内時計。実は腸内フローラが関係していた?!

菌と健康

2024.05.31

「しっかり寝たいのに、いざベッドや布団に入ると眠れない…。」 「もしかして睡眠不足とお腹の調子が悪いことは関係しているの?」 このような睡眠不足に関する問題が気になる方は意外と多いのではないでしょうか。 実は、睡眠と腸内細菌叢(腸内フローラ)には大きな関連があります。 本コラムでは、睡眠において大切な役割を担っている体内時計と腸内細菌叢との関係について説明します。

睡眠不足で腸内フローラが乱れる!

菌と健康

2024.04.26

「つい夜更かしをしてしまう…。」 「忙しくて十分に眠れない…。」 体に良くないのは分かりつつも、なかなか解消できない睡眠不足。 睡眠不足はイライラしやすくなったり、食欲がおさまりにくくなったりする原因として知られていますが、最近では腸内細菌叢(腸内フローラ)にも悪いことがわかってきています。 今回のコラムでは、睡眠不足によって腸内細菌叢にどのような悪い影響が起こるのかについてご紹介します。

ミルクで育つ赤ちゃんの腸内細菌叢には特徴がある?!母乳に近い人工乳とは - 母子の腸内細菌叢④授乳【後編】

菌と健康

2024.03.22

シリーズ第4回にあたる「授乳」をテーマとした前回のコラム(前編)では、母乳がビフィズス菌の供給源になることや、赤ちゃんの腸内細菌叢(腸内フローラ)の形成には母乳中のヒトミルクオリゴ糖やラクトフェリンなどが役立つことを説明しました。今回のコラム(後編)では、ミルクで育った赤ちゃんの腸内細菌叢や、母乳に近い人工乳の開発などについてご紹介します。

赤ちゃんには母乳からもビフィズス菌が移行する!? - 母子の腸内細菌叢④授乳【前編】

菌と健康

2024.03.06

分娩方法や出生後の環境などに影響を受けながら赤ちゃんの腸内細菌叢(腸内フローラ)が形成されていきますが、乳児期の腸内細菌叢がその後の健康にも影響するといわれています。そして、乳児期の環境要因の中でも特に大きな影響を与えるといわれているのが授乳です。「母子の腸内細菌叢シリーズ」の4回目にあたる今回のコラムでは、授乳と乳児の腸内細菌叢の関連性について解説します。

出産方法によって違う子どもの腸内細菌叢。影響はいつまで続くの? - 母子の腸内細菌叢③出産【後編】

菌と健康

2024.02.15

「出産」をテーマとした前回のコラムでは、赤ちゃんの腸内細菌叢が出産方法の影響を受けることを説明いたしました。今回のコラムはその後編です。出産方法による腸内細菌叢への影響が続く期間や、赤ちゃんの腸内細菌を整えるための研究についてご紹介します。

COLUMN

役立つ健腸コラム