腸内細菌の精密な検査で健康づくり さまざまな病気に関係する腸内細菌。自身の腸内細菌を調べて病気のリスクをチェック。あなた向けのおすすめの食品情報をもとに、一歩進んだ健康づくりに取り組みましょう。
検査キットを購入する
  • 「健腸ナビ」は、医療機関で活用されている腸内細菌叢の検査・分析サービス「SYMGRAM」と同じ精度の検査を、ご自宅でいつでも簡単に受けることができるサービスです。
検査キットを購入する
  • 「健腸ナビ」は、医療機関で活用されている腸内細菌叢の検査・分析サービス「SYMGRAM」と同じ精度の検査を、ご自宅でいつでも簡単に受けることができるサービスです。

SCROLL

NEWS

お知らせ

腸内細菌叢(腸内フローラ)の乱れは、さまざまな病気と関係しています。

多くの病気に腸内細菌叢(腸内フローラ)が関係していることがわかってきました。気になっている健康への不安。病院に行っても原因がよくわからない心身の不調。そのままにしておかず、腸内細菌から病気のリスクを調べてみませんか?

このような病気のリスクも
健腸ナビでわかります!

がんや認知症など、多くの人が悩んでいる病気について、自分のために、家族のために、腸内細菌からのセルフケアを始めてみませんか。
人生100年時代。「健腸ナビ」はみなさまの健康づくりをお手伝いします。

ABOUT

健腸ナビについて

健腸ナビとは?

ご自宅で、いつでも簡単に受けることができる腸内細菌叢(腸内フローラ)の検査・分析サービスです。分析結果レポートでは病気のリスクがわかるだけでなく、あなたの腸内細菌をコントロールするための食品もご案内します。「健腸ナビ」は、ご自身に適した健康管理のための道筋をナビゲーションします。

あなた自身の腸内細菌叢の構成から、大腸がんや過敏性腸症候群、うつ病や認知症、アトピー性皮膚炎、乳がん、前立腺がんなど女性28、男性27の病気についてリスクを分析します。

このような方に
おすすめです。

さまざまな病気のリスクをチェックして、予防に取り組みたい方
原因がわからない心身の不調を感じている方
忙しい中でも自宅で気軽に病気のリスクをチェックしたいとお考えの方
体への負担がない検査で全身の網羅的なリスクを調べてみたい方
食によって病気のリスクを下げたいとお考えの方
自身の腸内フローラを詳しく調べてみたいとお考えの方

この検査からわかること

病気のリスクだけでなく、自身の腸内細菌叢のタイプや、さまざまな物質を産生する菌(機能性成分/美容・健康系など)の割合、腸内細菌のバランスや多様性など、あなたの腸内細菌からわかる情報を詳しくお伝えします。

腸内細菌叢の状態をふまえた、
自身に適したセルフケアを

FEATURE

健腸ナビの特徴

01

世界初・特許取得済 病気のリスクを分析し、
詳細なレポートを作成

世界初・特許取得済

02

分析結果をふまえて
今のあなたにおすすめの食品(成分)情報を提示

03

医療機関で活用されている腸内細菌叢の
検査・分析サービスと同じ精度の検査

04

日本人約2万3,000人の腸内細菌叢を調べた
日本最大級のデータベースを使用

05

腸内細菌叢は男女で異なることから、男女別に分析

腸内細菌叢の検査・分析サービス『健腸ナビ』検査キット

大腸がんや認知症、乳がんなど女性28、男性27の病気のリスクを分析し、詳細なレポートを作成します。分析結果はWEB上でご確認いただけます。

販売価格 38,500円(税込)

  • ※本価格は公式サイト直販特別価格です。
  • ※本特別価格は予告なく変更されることがあります。

STEP

ご利用の流れ

STEP

01

ご自宅で採便する

専用のキットで採便し、大便検体を送付。

STEP

02

アンケートに回答する

WEBで情報を登録し、アンケートに回答。

STEP

03

分析結果(レポート)を確認する

レポートの内容をマイページで確認。

STEP

04

結果を健康管理に役立てる

レポートに示される食品(成分)をいつもの食事にプラス。
腸内細菌のバランスを整える一歩進んだ健康づくり。

VOICE

ご利用者様の声

思った以上に腸内細菌バランスが自分の健康状態を言い当てていると感じ、大変驚きました。ですので、他の方にも是非勧めたいと思います。キットの構成がわかりやすく、採便もストレスなく行えました。

40代・男性

思っていたより簡単に検査が受けられました。思ってもみなかった病気のリスクが高いと出て健康診断に行くきっかけになりました。

50代・女性

自分では思っていなかった病気を注意することができてよかった。結果も読みやすかった。健康に不安がある人に受けてもらって、注意喚起を促したり、安心させてあげたりしたい。

30代・女性
腸内細菌の検査で
一歩進んだ健康づくりに
取り組みませんか?

FAQ

よくあるご質問

Q

検査キットは購入した本人が使用しなければいけませんか?

A

検査キットはどなたでもご利用いただけます。

Q

何歳でもサービスを受けることができますか?

A

何歳でも受けていただくことができますが、本サービスの腸内細菌叢の分析は20歳以上80歳未満の方の腸内細菌の情報にもとづいているため、20歳未満や80歳以上の方の分析結果については理論値となります。今後、20歳未満や80歳以上の方が研究に参加していただけると、より正確な結果を得られることが期待できます。
なお、16歳未満の方については、代諾者様によるご登録が必要となります。詳細はFAQ「ご登録について」の項目をご確認ください。

Q

薬を飲んでいるのですが、検査を受けることができますか?

A

薬を飲んでいても受けていただくことができます。ただし、一時的に薬を飲んでいる場合、腸内細菌叢の分析結果が普段の状態とは異なっている可能性があります(特に抗生物質、下剤、胃腸薬[制酸剤など])。あらかじめご了承のうえ、検査を受けていただくか、または薬を飲んでいない状態で受けていただくことをおすすめします。

COLUMN

役立つ健腸コラム

母子の腸内細菌叢③出産【後編】:出産方法によって違う子どもの腸内細菌叢。影響はいつまで続くの?

菌と健康

2024.02.15

「出産」をテーマとした前回のコラムでは、赤ちゃんの腸内細菌叢が出産方法の影響を受けることを説明いたしました。今回のコラムはその後編です。出産方法による腸内細菌叢への影響が続く期間や、赤ちゃんの腸内細菌を整えるための研究についてご紹介します。

母子の腸内細菌叢③出産【前編】:経膣分娩と帝王切開。赤ちゃんの腸内細菌は出産方法によって違う⁉

菌と健康

2024.02.01

赤ちゃんの腸内細菌叢の形成は出産時にスタートすると考えられていますが、経腟分娩と帝王切開のどちらで産まれるかによって赤ちゃんが初めて出会う細菌の種類は異なります。そのため、出産方法は赤ちゃんの腸内細菌叢形成に重要な要因と考えられています。 今回のコラムでは、それぞれの出産方法による赤ちゃんの腸内細菌叢について詳しくご説明します。

母子の腸内細菌叢②:赤ちゃんの発育に重要!? お母さんの腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸

菌と健康

2023.12.27

近年、妊娠期におけるお母さんの腸内細菌叢が、赤ちゃんの脳や免疫系の発達に影響を与えることや、出生後の子供の疾病や肥満のリスクにも影響を及ぼすことが明らかになってきました。特にお母さんの腸内細菌により産生される短鎖脂肪酸が重要な役割を果たすことから、短鎖脂肪酸が赤ちゃんの発育に与える影響について詳しく説明します。

母子の腸内細菌叢①:妊娠中は腸内細菌叢も変化する!?

菌と健康

2023.11.30

このシリーズでは、妊娠から出産、そして授乳に至るまでのお母さんと赤ちゃんの腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化についてご紹介します。 第1回の今回では、妊娠期における女性の腸内細菌叢の変化と妊娠合併症と腸内細菌叢との関連性について解説しましょう。

漢方薬などが効いたり効かなかったりする原因は?

菌と健康

2023.10.25

薬があまり効かなかったり、効くときと効かないときがあったりした経験はありませんか? その原因は、もしかすると腸内細菌叢にあるかもしれません。 口から入った薬の成分は、食べ物と同じく喉や食道、胃を通り、やがて腸に到達して腸内細菌叢と遭遇します。 このとき、薬の種類によっては特定の腸内細菌の影響を受けて、その有効性や安全性が変化することがあるようです。 今回のコラムでは、薬効と腸内細菌叢について、大きく漢方薬と西洋薬に分けてご紹介します。

COLUMN

役立つ健腸コラム